漆器の修理について

漆器の修理

大事にしている漆器も長く使っている間に傷や、欠け、表面の色が落ちてしまうことがあります。

当工房は輪島塗の製造と共に修理の仕事も承っております。漆器は本来補修しながら長く付き合っていくものです。大切な品をいつまでも愛用するためにぜひご相談ください。

 

 

詳しく知りたい方はこちらへ

 

ブログは以下に

漆器の修理に関する記事だけでなく、日常の事も書いていきます。

2019年

11月

28日

茶櫃の修理 刻苧付け

茶櫃 刻苧付け
茶櫃 刻苧付け

茶櫃に刻苧付けを行いました。

蓋の外側は全体に付けました。

そして親の外側に深い傷があったので部分的に刻苧で傷を埋めました。

この後親の方にも全体に刻苧を付けます。

0 コメント

2019年

11月

19日

子箪笥の修理 布着せ

子箪笥 布着せ
子箪笥 布着せ

子箪笥に布着せを行いました。全体にのり漆で布を貼り、丈夫な漆器にする為です。

木地の接着箇所もこれで安心です。

子箪笥 破損箇所1 布着せ
子箪笥 破損箇所1 布着せ
子箪笥 破損箇所2 布着せ
子箪笥 破損箇所2 布着せ
0 コメント

2019年

11月

12日

茶櫃の修理依頼

茶櫃 修理前
茶櫃 修理前

茶櫃の修理です。

子箪笥の修理と一緒に依頼された品で、表面に色ムラが見られます。

 

茶櫃 破損箇所
茶櫃 破損箇所

蓋の一部に下地が剥離して箇所もあります。

下地は薄く今後まだ剥離していくと思われるので、蓋の外側は全て下地を落とします。

ただ内側の下地は外側よりしっかりしていました。

その為内側は深く凹んだ傷を部分的に埋めて塗り直していきます。

茶櫃 下地を落とす
茶櫃 下地を落とす

蓋の下地をサンドペーパーで落としました。

写真の親の下地は落としていませんが、この後蓋と同じく外側の下地を落としました。

 

 

0 コメント

2019年

11月

04日

子箪笥の修理 刻苧付け

子箪笥 刻苧付け二回目
子箪笥 刻苧付け二回目

子箪笥の外側全体に刻苧を付けます。

木地の細かい凹みも埋め、接着した箇所の補強にもなります。

子箪笥 破損箇所1 刻苧付け二回目
子箪笥 破損箇所1 刻苧付け二回目
子箪笥 破損箇所2 刻苧付け二回目
子箪笥 破損箇所2 刻苧付け二回目
0 コメント

2019年

10月

28日

杯洗の修理 中塗り

杯洗 中塗り
杯洗 中塗り

杯洗の修理です。

中塗りを行いました。

杯洗 破損箇所1 中塗り
杯洗 破損箇所1 中塗り

まだ少し錆漆を付けた箇所が凹んでいるようです。

その為上塗りの前にもう一度中塗りを行うつもりです。

 

杯洗 破損箇所2 中塗り
杯洗 破損箇所2 中塗り
0 コメント

2019年

10月

21日

子箪笥の修理依頼

子箪笥 修理前
子箪笥 修理前

子箪笥の修理依頼がありました。

高さは17㎝程のものです。

子箪笥 破損箇所1
子箪笥 破損箇所1

依頼品にはひどい亀裂が見られます。

ここは上面の板と側面の板を接着していた箇所です。それがほとんど取れかかっています。

 

 

子箪笥 破損箇所2
子箪笥 破損箇所2

子箪笥の下の方にも同じような亀裂があります。

この様な状態では残った下地も今後剥離していくと思います。

 

子箪笥 刻苧付け
子箪笥 刻苧付け

その為まずはこの様に下地を全て取り除き、木地を接着します。

そして引き出しの隅や、ひどく凹んだ箇所に刻苧漆を付けます。

子箪笥 破損箇所1 接着
子箪笥 破損箇所1 接着

ちなみに木地は接着剤に木粉を混ぜたもので接着しました。

続きを読む 0 コメント

2019年

10月

15日

杯洗の修理 錆付け

杯洗 破損箇所1 錆付け
杯洗 破損箇所1 錆付け

刻苧を磨いた後、錆漆を付けました。

これで傷はほぼ埋まりました。

 

杯洗 破損箇所2 錆付け
杯洗 破損箇所2 錆付け
0 コメント

2019年

10月

07日

杯洗の修理 刻苧付け

杯洗 破損箇所1 刻苧付け
杯洗 破損箇所1 刻苧付け

杯洗の修理です。

小刀で彫った箇所を刻苧で埋めました。

 

杯洗 破損箇所2 刻苧付け
杯洗 破損箇所2 刻苧付け
0 コメント

2019年

10月

02日

杯洗(はいせん)の修理依頼

杯洗 修理前
杯洗 修理前

杯洗(はいせん)の修理依頼がありました。杯洗とは文字通り酒席で杯を洗いすすぐ器です。

依頼品は一見しただけでは傷んでいる箇所は分かりません。綺麗にお使いのようでした。

杯洗 破損箇所1
杯洗 破損箇所1

ただ内側には小さな切れと盃の跡が残っています。

 

 

杯洗 破損箇所1 傷を掘る
杯洗 破損箇所1 傷を掘る

この切れはこのまま塗り直しても、また同じものが出てきてしまいます。

そのためまず小刀で切れを掘っていきます。

 

 

杯洗 破損箇所2
杯洗 破損箇所2

側面の下の方にも二ヵ所ほど切れがありました。

杯洗 破損箇所2 傷を掘る
杯洗 破損箇所2 傷を掘る

こちらも同じく小刀で彫っていきます。

0 コメント

2019年

8月

23日

木魚の修理完了

木魚 修理完了
木魚 修理完了

木魚の修理が完了しました。

凹凸が多い木魚の作業はとても大変でしたが、上塗りもうまくいったのでとても良かったです。

今回もまた詳しい修理過程を修理事例に載せました。

興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

木魚の修理事例は

こちら

0 コメント

これより過去の記事は下にあるサイトマップからご覧下さい

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ