漆器の修理について

漆器の修理blog

大事にしている漆器も長く使っている間に傷や、欠け、表面の色が落ちてしまうことがあります。

当工房は輪島塗の製造と共に修理の仕事も承っております。漆器は本来補修しながら長く付き合っていくものです。大切な品をいつまでも愛用するためにぜひご相談ください。

 

 

詳しく知りたい方はこちらへ

 

輪島塗の修理blog

漆器の修理に関する記事だけでなく、日常の事も書いていきます。

2022年

7月

31日

乾漆のウサギ 耳の接着準備

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 耳を接着する準備

乾漆のウサギの耳を顔に接着する為に、木の棒を耳に差し込んでおきます。

 

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 耳を接着する準備

そして耳を接着する顔の方には穴を開けておきます。

これで接着した時の強度は大丈夫でしょう。

 

0 コメント

2022年

7月

24日

乾漆のウサギ 右前足と底を接着

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 右前足と底を接着

乾漆のウサギの右前足と底を刻苧漆で接着しました。

前足と底が水平になるように調整して接着します。

 

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 右前足と底の接着箇所

接着箇所は多少修正しなくてはなりませんが、比較的うまくいったようです。

早く耳と顔も接着したいです。

 

0 コメント

2022年

7月

10日

乾漆のウサギ 足の接着準備

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 足の接着準備

乾漆のウサギの底(後ろ足部分)と右前足を接着する準備をおこないました。

そのまま接着すると接着面が少なく強度が心配です。

なので桐材などを削ったものを接着箇所に付けます。これで強度に問題ないと思います。

 

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 足の接着準備

そして右前足を接着する身体に穴を開けておきます。

ちなみに乾漆の足を接着すること自体よりもこの様な準備の方が時間がかかります。

 

0 コメント

2022年

6月

26日

乾漆のウサギ 身体を接着

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 身体を接着

乾漆ウサギの左右の半身を刻苧漆で接着しました。

繋ぎ目は修正しなくてはなりませんが、大丈夫だと思います。

この後内側の接着箇所に脱脂綿を貼れば強度も問題ないでしょう。

段々形になってきて嬉しいです。

 

0 コメント

2022年

6月

19日

乾漆のウサギ 左前足を接着

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 左前足の接着

乾漆のウサギの左前足を刻苧漆で接着しました。

ちなみに右の前足は身体を一つに接着した後に接着します。

右前足は地面に接しているので底を付ける時に一緒に付けて、調整しなければいけ為です。

 

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 左前足

左の前足は接着する前に穴を開けて竹ひごを差しおきました。

これで接着した時の強度も大丈夫だと思います。

 

0 コメント

2022年

6月

05日

乾漆のウサギ 型から外す

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 石膏型から外す

乾漆がある程度の厚さになったので、ウサギの身体を石膏型からはずしました。

修正しなければいけない箇所もありますが概ね大丈夫そうです。

 

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 シリコン型から外す

さらにシリコン型から顔、耳、前足を外しました。こちらも大丈夫そうです。

次はパーツを接着していくのですが、その前に乾漆を削ってパーツを修正していきます。

完成までまだまだ時間が掛かりますが、型から外すと形が見えてくるのでとても嬉しいです。

 

0 コメント

2022年

5月

29日

乾漆のウサギ 脱脂綿を貼る

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 脱脂綿を貼る

乾漆のウサギの石膏型に下地を三回程付けた後、今度はのり漆で脱脂綿を貼っていきます。

脱脂綿は麻布に比べ均一な厚みにするこは難しいです。しかし一回で貼る脱脂綿の厚みは麻布より厚いので、置物などの厚みにあまり精度を求めなくても良い品に向いています。

とは言え綺麗に貼らないと下地と脱脂綿に隙間ができてしまうので丁寧に貼っていきます。

 

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 シリコン型に脱脂綿を貼る

そして顔、耳、前足のパーツのシリコン型にも脱脂綿を貼っていきます。

 

0 コメント

2022年

5月

22日

乾漆のウサギ シリコン型に下地付け

うさぎの乾漆制作
ウサギの乾漆  シリコン型に下地付け

乾漆のウサギの顔、耳、足のパーツのシリコン型に下地漆を付けました。

細かいパーツに下地を付けるので気を使います。

 

0 コメント

2022年

5月

15日

乾漆のウサギ 石膏型に下地付け

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 下地付け

ウサギの身体の石膏型に離形剤を塗った後、下地漆を付けました。

やっと漆の作業に入りました。完成はまだまだですが頑張ります。

 

0 コメント

2022年

5月

07日

乾漆のウサギ シリコンの雄型の制作

うさぎの乾漆制作
シリコンの雄型

雌型のシリコン型から雄型のシリコン型を作りました。

ここから石膏型を量産できます。

 

0 コメント

これより過去の記事は下にあるサイトマップからご覧下さい

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ