漆器の修理について

漆器の修理

大事にしている漆器も長く使っている間に傷や、欠け、表面の色が落ちてしまうことがあります。

当工房は輪島塗の製造と共に修理の仕事も承っております。漆器は本来補修しながら長く付き合っていくものです。大切な品をいつまでも愛用するためにぜひご相談ください。

 

 

詳しく知りたい方はこちらへ

 

ブログは以下に

漆器の修理に関する記事だけでなく、日常の事も書いていきます。

2020年

11月

24日

刀の鞘の修理 刻苧付け

刀の鞘 鯉口 刻苧付け
刀の鞘 鯉口 刻苧付け

刀の鞘の修理です。

破損箇所に刻苧を付け、傷を埋めます。

 

刀の鞘 鐺 刻苧付け
刀の鞘 鐺 刻苧付け
0 コメント

2020年

11月

22日

再びの刀の鞘の修理依頼

刀の鞘 修理前
刀の鞘 修理前

短刀の鞘とは別にもう一件、刀の鞘の修理依頼がありました。

 

 

 

鯉口 修理前
鯉口 修理前

依頼品は鞘の入り口の鯉口(こいくち)と、鞘の末端の鐺(こじり)の周辺が傷んでいました。

下地はしっかりしているので今回は部分修理を行います。

 

 

鐺 修理前
鐺 修理前
0 コメント

2020年

11月

19日

水指の蓋の修理 錆付け

水指の蓋 錆付け
水指の蓋 錆付け

水指の蓋に付けた刻苧を磨いた後、錆漆を付けました。

蓋の縁にも錆漆を付ければ下地作業は終了です。

0 コメント

2020年

11月

17日

短刀の鞘の修理 錆付け

短刀の鞘 錆付け
短刀の鞘 錆付け

短刀の鞘の修理です。

刻苧を磨いた後、錆漆を付けました。

短刀の鞘 破損箇所1 錆付け
短刀の鞘 破損箇所1 錆付け
短刀の鞘 破損箇所2 錆付け
短刀の鞘 破損箇所2 錆付け
0 コメント

2020年

11月

15日

水指の蓋 修理依頼

水指の蓋 修理前
水指の蓋 修理前

茶道具である水指の蓋の修理依頼がありました。

 

水指の蓋 破損箇所
水指の蓋 破損箇所

依頼された水指の蓋二枚の内一枚は状態も良く、塗り直すだけで大丈夫でした。

もう一枚はつまみが折れていて今にも取れそうです。

今回の修理では新しいつまみに付け替えます。

水指の蓋 破損箇所 刻苧付け
水指の蓋 破損箇所 刻苧付け

まずは破損したつまみを取ります。

そして他にも亀裂があったので、その箇所を彫り刻苧付けます。

これで傷を埋めます。

0 コメント

2020年

11月

13日

短刀の鞘の修理 刻苧付け

短刀の鞘 刻苧付け
短刀の鞘 刻苧付け

短刀の鞘の破損箇所に刻苧を付けました。

傷や下地が欠けた凹凸をこれで埋めます。

短刀の鞘 破損箇所1 刻苧付け
短刀の鞘 破損箇所1 刻苧付け
短刀の鞘 破損箇所2 刻苧付け
短刀の鞘 破損箇所2 刻苧付け
0 コメント

2020年

11月

10日

茶箱の修理完了

茶箱の修理過程を修理事例に載せました。

興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

 

茶箱の詳しい詳しい修理過程は

こちら

0 コメント

2020年

11月

07日

乾漆の牛 朱の中塗り

和牛 朱漆の中塗り
和牛 朱漆の中塗り

溜塗に仕上げるので、朱漆の中塗りを入れました。

赤い牛は不思議な迫力を感じます。

これを水研ぎした後、朱合漆を上塗りして仕上げます。

完成までもう一息です。

 

ブル 朱漆の中塗り
ブル 朱漆の中塗り
0 コメント

2020年

11月

05日

短刀の鞘の修理依頼

短刀の鞘 修理前
短刀の鞘 修理前

短刀の鞘の修理依頼がありました。

依頼者は鞘を黒く上塗りした後、蒔絵などの加飾をしてほしいというご希望でした。

短刀の鞘 破損箇所1
短刀の鞘 破損箇所1

依頼品には所々に亀裂や欠けた箇所が見られます。

当工房ではこれらを埋め上塗りまで行います。

ちなみに色が変わっている箇所は下地が見えている所です。

依頼者が研いでみたそうです。

短刀の鞘 破損箇所2
短刀の鞘 破損箇所2

加飾は蒔絵師さんにお任せしますが、私たちもどう仕上がるか楽しみです。

0 コメント

2020年

11月

02日

茶箱の修理 傷を修復

茶箱の蓋の切れ 修理完了
茶箱の蓋の切れ 修理完了

茶箱の傷を彫り、錆漆を付け、漆を塗り直しました。

今度は蛍光灯の光に傷は見えません。

依頼者に茶箱を納めた所とても満足していただきました。

喜んでいただきとても良かったです。

今回の仕事で改めて最後の確認は大事だと感じました。

後日詳しい修理過程を修理事例のページに載せるつもりです。

興味のある方はご覧ください。

 

 

0 コメント

これより過去の記事は下にあるサイトマップからご覧下さい

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ