漆器の修理について

漆器の修理blog

大事にしている漆器も長く使っている間に傷や、欠け、表面の色が落ちてしまうことがあります。

当工房は輪島塗の製造と共に修理の仕事も承っております。漆器は本来補修しながら長く付き合っていくものです。大切な品をいつまでも愛用するためにぜひご相談ください。

 

 

詳しく知りたい方はこちらへ

 

輪島塗の修理blog

漆器の修理に関する記事だけでなく、日常の事も書いていきます。

2021年

11月

25日

虎の乾漆 足を接着

虎の乾漆を制作
虎の乾漆 足を接着

虎の乾漆に刻苧で足を接着。

足が地面に接地するよう調整しつつ接着しないといけないので、とても難しいです。

 

0 コメント

2021年

11月

14日

虎の乾漆 身体を接着二回目

虎の乾漆の制作
虎の乾漆 身体を接着

乾漆の虎の上半身、下半身を刻苧で接着しました。

 

乾漆の接着箇所に使った桐材
乾漆の接着箇所に使った桐材

ちなみに接着する箇所には、桐材を削ったものをはめ込んで接着しています。

これで強度も大丈夫だと思います。

 

0 コメント

2021年

10月

31日

虎の乾漆 身体の接着一回目

虎の乾漆を制作
虎の乾漆 身体を接着一回目

虎の身体左右のパーツを刻苧で接着しました。

繋ぎ目は少し削ったり、刻苧で埋めたりして綺麗にします。

 

虎の乾漆の制作
虎の乾漆 身体の内側

ちなみに身体の内側の繋ぎ目は脱脂綿を貼って補強します。

次は上半身、下半身を接着します。

 

0 コメント

2021年

10月

24日

今年二回目のアシナガバチの巣の撤去

アシナガバチの巣
アシナガバチの巣

また当工房にできたアシナガバチの巣を撤去しました。

ただ今回はすでにハチが居なくなった巣です。

実は夏の時期から巣ができていたのは気付いていました。

ただあまり人が近づかず、取りずらい場所だったので放置していたのです。

 

10月のアシナガバチの巣
10月のアシナガバチの巣

 

 

 

 

今回の巣は約7㎝程の大きさになっていました。

ちなみにアシナガバチは巣を1シーズンしか使わず、来年また新しく作るそうです。

アシナガバチは害虫を食べる益虫の面もあります。

人が近づく場所でなければうまく付き合っていければと思います。

 

5月のアシナガバチの巣
5月のアシナガバチの巣

ちなみにこれは5月に撤去したアシナガバチの巣です。

やはり大きくなるものですね。

 

0 コメント

2021年

9月

26日

虎の乾漆 身体を石膏型から外す

虎の乾漆を制作する
虎の乾漆 石膏型から外す

乾漆の虎の身体を石膏型から外しました。

こちらも修正しないといけない箇所はありますが、概ね大丈夫だと思います。

早く接合部を削って接着してみたいです。

 

0 コメント

2021年

9月

18日

虎の乾漆 顔に耳を接着

乾漆の虎の顔に耳を接着
虎の顔に耳を接着

乾漆の虎の顔に耳を接着しました。

少しづつらしくなってきました。

完成までがんばるぞ。

 

乾漆の虎の顔の裏側
虎の顔の裏側
0 コメント

2021年

9月

13日

お椀の修理完了

汁椀の漆器修理完了
汁椀 修理完了

汁椀の漆器修理が完了しました。

依頼者様も満足していただき、私共もとても嬉しかったです。

お椀の修理依頼はとても多いです。

今回の漆器修理は輪島塗の工法が良く分かると思うので、気になる方はぜひ詳しい修理過程をご覧ください。

 

お椀の詳しい修理過程は

こちら

 

0 コメント

2021年

8月

31日

虎の乾漆 足を型から外す

乾漆の虎を制作する
乾漆の虎の足

乾漆の虎の足もシリコン型から外しました。

取り敢えず大丈夫そうで良かったです。

 

乾漆の虎を製作する
乾漆の虎の前足 木片を入れた箇所

木片を入れた箇所も今後下地をして綺麗にします。

完成までまだ作業はありますが、形が見えてくるとやはり嬉しいです。

 

0 コメント

2021年

8月

26日

虎の乾漆 顔、耳を型から外す

乾漆の虎を製作
乾漆の虎の顔と耳

乾漆の虎の顔と耳をシリコン型から外しました。

これから耳を接着したり、修正しなければいけない所もありますが、取り敢えずうまくいったようで一安心です。

早く完成するようがんばります。

 

0 コメント

2021年

8月

22日

虎の乾漆 足のシリコン型に木を埋める

虎の乾漆を製作
虎の足シリコン型 木片を埋める

脱脂綿を貼った虎の足のシリコン型に、木片を削り埋め込みました。

刻苧漆を使って接着しています。

刻苧が乾いたらいよいよシリコン型から外します。

うまくいきますように。

 

0 コメント

これより過去の記事は下にあるサイトマップからご覧下さい

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ