漆器の修理について

漆器の修理

大事にしている漆器も長く使っている間に傷や、欠け、表面の色が落ちてしまうことがあります。

当工房は輪島塗の製造と共に修理の仕事も承っております。漆器は本来補修しながら長く付き合っていくものです。大切な品をいつまでも愛用するためにぜひご相談ください。

 

 

詳しく知りたい方はこちらへ

 

ブログは以下に

漆器の修理に関する記事だけでなく、日常の事も書いていきます。

2019年

6月

18日

我が家に鳥の巣が

鳥の巣 イソヒヨドリの雌
鳥の巣 イソヒヨドリの雌

最近鳥の声がうるさいなと思っていたら、我が家の使っていない換気扇のダクトに鳥の巣がありました。

もうヒナも孵っている様子で、親鳥が交互でせっせと餌を運んでいます。

全部で何羽いるかはわかりませんが、二匹のヒナは確認できました。

餌を運ぶイソヒヨドリの雄
餌を運ぶイソヒヨドリの雄

この鳥はイソヒヨドリというそうです。

左の写真は雄で頭から喉までが青く、胸は赤くなっています。

雄雌の見た目が全然違いますね。

元気に巣立ってほしいです。

0 コメント

2019年

5月

12日

木魚の修理 中塗り

木魚 中塗り
木魚 中塗り

木魚の修理です。

錆漆を研いだ後、中塗りを行いました。

錆漆の水研ぎは細かい彫刻があるので時間が掛かりました。

さらに中塗りも何回に分けて行う必要がある為、とても大変です。

0 コメント

2019年

4月

14日

ミニ美術展 明日から開催

乾漆の猫 青銅風仕上げ
乾漆の猫 青銅風仕上げ

ミニ美術展が明日から始まります。

今回私は乾漆の猫を出品しました。青銅風に仕上げてあり、表面はざらざらになってます。

興味のある方は七尾のカフェジーンまでお越しください。

彫刻、絵画など作品も展示してあります。

0 コメント

2019年

4月

07日

琵琶の修理 上塗り

琵琶 上塗り
琵琶 上塗り

琵琶の修理です。

何回にも分けやっと上塗りが終わりました。

次は蒔絵師さんに前と同じ蒔絵を

付けてもらいます。

完成までもう少しです。

0 コメント

2019年

3月

19日

ミニ美術展

高校時代の恩師がカフェで美術展を行います。

以前にもあったのですが久しぶりの開催です。

私も出品のお誘いがありましたので参加します。

絵画、彫刻、工芸の小さな作品が素敵なカフェに展示されています。

おいしいランチとコーヒーを味わいながら作品鑑賞はいかがですか。

 

 

 ミニ美術展

 日時   4月15日(月)~4月21日(日)      ※17日(水)は休日です

 会場   カフェジーン 石川県七尾市相生町

 営業時間 12:00~17:00           ※最終日は16:00まで

 

0 コメント

2019年

3月

04日

木魚の修理 錆付け

木魚 錆付け
木魚 錆付け

木魚の修理です。

下地漆を磨いた後、錆漆を付けました。

下地付けと同様にヘラで付けていくので、やはり時間と手間が掛かります。

0 コメント

2019年

1月

28日

木魚の修理 下地付け

木魚 下地付け
木魚 下地付け

木魚の修理です。

刻苧を磨いた後、今度は地の粉を入れた下地漆を付けていきます。

これだけ凹凸が多いと、ヘラを使った下地付けは時間が掛かります。

0 コメント

2019年

1月

14日

木魚の修理 刻苧付け 二回目

木魚 刻苧付け 二回目
木魚 刻苧付け 二回目

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて木魚の修理ですが、もう一度刻苧を付けます。

以前に貼った布の段差を無くす為と、全体にも刻苧を薄く付け細かな木地の凹凸を無くすことが目的です。

0 コメント

2018年

12月

26日

木魚の修理 布着せ

木魚 布着せ
木魚 布着せ

木魚の叩く部分に布を貼りました。

ずっと叩かれている箇所なので下地の剥離は一番は酷く、補強の為です。

ちなみに修理前は和紙が貼ってありました。

木魚 布着せ
木魚 布着せ

そして刳り抜かれた縁の部分にも布を貼ります。

 この様な箇所も傷みやすいので補強します。

0 コメント

2018年

12月

09日

琵琶の修理 柱を接着

琵琶 柱を接着
琵琶 柱を接着

琵琶に柱という部品を接着しました。

琵琶 柱の接着部分
琵琶 柱の接着部分

中塗りの後に接着したのはその方が綺麗に仕上がり、仕事も簡単だからです。

ちなみに柱の上の部分は何も塗らないでほしいとの依頼だったので、青いマスキングテープで保護しています。

 

0 コメント

これより過去の記事は下にあるサイトマップからご覧下さい

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ