漆器の修理について

漆器の修理blog

大事にしている漆器も長く使っている間に傷や、欠け、表面の色が落ちてしまうことがあります。

当工房は輪島塗の製造と共に修理の仕事も承っております。漆器は本来補修しながら長く付き合っていくものです。大切な品をいつまでも愛用するためにぜひご相談ください。

 

 

詳しく知りたい方はこちらへ

 

輪島塗の修理blog

漆器の修理に関する記事だけでなく、日常の事も書いていきます。

2021年

7月

26日

お膳の修理完了

お膳の漆器修理完了
お膳 修理完了

お膳の修理が完了しました。

上塗りも綺麗に塗れてとても良かったです。

今回も漆器の修理事例に詳しい修理過程を載せました。

興味のある方はぜひご覧ください。

 

お膳の詳しい修理過程は

こちら

 

お膳の漆器修理
お膳 破損箇所1 上塗り
お膳の漆器修理
お膳 破損箇所2 上塗り
0 コメント

2021年

7月

21日

お椀の修理 中塗り

お椀の修理 中塗り
お椀 中塗り

錆漆を水研ぎした後、中塗りを行いました。

完成までもう少し上塗りがうまくいくように頑張ります。

 

0 コメント

2021年

7月

14日

お椀の修理 目摺

お椀 目摺
お椀 目摺

下地を磨いた後、錆漆をヘラで付けます。

この時の錆漆は下地漆より薄く付けます。イメージとしては低い所に錆漆を摺りこんで平らにする感じです。

輪島ではこの作業を目摺(めすり)といいます。

これで下地の作業は終了です。

 

0 コメント

2021年

7月

10日

虎の乾漆 顔、耳、足に下地付け

虎の顔、耳のシリコン型 下地付け
虎の顔、耳のシリコン型 下地付け

虎の顔、耳、足のシリコン型に下地を付けます。

現状虎の乾漆がうまく仕上がるか型から外すまで分かりません。

うまく仕上がってくれることを祈ります。

あと二、三回下地を付け、脱脂綿をのり漆で貼っていきます。

 

虎の足のシリコン型 下地付け
虎の足のシリコン型 下地付け
0 コメント

2021年

7月

04日

虎の乾漆 下地付け

虎の乾漆 下地付け
虎の乾漆 下地付け

虎の乾漆の石膏型に離型剤を塗った後、下地漆を刷毛で付けていきます。

やっと漆の作業です。完成までまだまだですが頑張ります。

 

0 コメント

2021年

6月

30日

お椀の修理 下地付け

お椀 下地付け
お椀 下地付け

惣身漆を磨いた後、椀に下地漆を付けていきます。

下地の漆は砥の粉、米のり、生漆、そして地の粉を混ぜたものです。

地の粉には一辺地粉、二辺地粉、三辺地粉とあります。

これは粒子の細かさの違いで一辺地粉が一番粗い粒子のものです。

その為まずは一辺地漆を付けます。そして輪島ではこの時に地縁(じぶち)引きという作業も一緒に行います。

これは欠けやすい上縁と高台の強度を増す為に下地を付けた後、上縁と高台に生漆を塗る作業です。

堅牢な輪島塗はこれらの作業でよって生まれます。

 

地縁引きに使う桧皮へら
地縁引きに使う桧皮へら

上の写真は地縁引きの際、上縁に生漆を塗る為に使う桧皮(ひかわ)へらです。

桧(ひのき)の皮にのり漆で麻布を巻いて、へらの形にしたものです。

桧皮へらの先端は桧の皮を露出させ、ほぐしてあります。

へらと呼ばれていますが刷毛のように使います。

 

0 コメント

2021年

6月

27日

虎の乾漆 顔、耳、足のシリコン型

虎の乾漆 顔と耳のシリコン型
虎の乾漆 顔と耳のシリコン型

 

虎の粘土型から顔、耳、足のパーツのシリコン型を取りました。

この型でこれらのパーツは作っていきます。

今回は別で作るパーツが多くなったので不安もありますが、うまくいくように頑張ります。

 

虎の乾漆 足のシリコン型
虎の乾漆 足のシリコン型
0 コメント

2021年

6月

23日

虎の乾漆 シリコン型

虎の乾漆 シリコン型
虎の乾漆 シリコン型

虎の乾漆の石膏型からシリコン型を取りました。

シリコンの原型ができたのでこれでいくつも石膏型を作れます。

比較的綺麗にシリコン型が取れて良かったです。

 

0 コメント

2021年

6月

19日

虎の乾漆 石膏型

虎の乾漆 石膏型
虎の乾漆 石膏型

虎の乾漆の粘土型から石膏型を取りました。

これは体の部分です。

顔、足は別にシリコンで型を取るつもりです。

早く漆の作業に入りたいです。

 

0 コメント

2021年

6月

16日

お椀の修理 惣身付け

お椀 惣身付け
お椀 惣身付け

布と木地の段差を埋める為に惣身(そうみ)漆を付けました。

惣身漆とは生漆と米のり、そしてケヤキの木粉を煎って炭化させた惣身粉を混ぜたものです。

 

0 コメント

これより過去の記事は下にあるサイトマップからご覧下さい

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ