漆器の修理について

漆器の修理blog

大事にしている漆器も長く使っている間に傷や、欠け、表面の色が落ちてしまうことがあります。

当工房は輪島塗の製造と共に修理の仕事も承っております。漆器は本来補修しながら長く付き合っていくものです。大切な品をいつまでも愛用するためにぜひご相談ください。

 

 

詳しく知りたい方はこちらへ

 

輪島塗の修理blog

漆器の修理に関する記事だけでなく、日常の事も書いていきます。

2022年

5月

22日

乾漆のウサギ シリコン型に下地付け

うさぎの乾漆制作
ウサギの乾漆  シリコン型に下地付け

乾漆のウサギの顔、耳、足のパーツのシリコン型に下地漆を付けました。

細かいパーツに下地を付けるので気を使います。

 

0 コメント

2022年

5月

15日

乾漆のウサギ 石膏型に下地付け

ウサギの乾漆制作
ウサギの乾漆 下地付け

ウサギの身体の石膏型に離形剤を塗った後、下地漆を付けました。

やっと漆の作業に入りました。完成はまだまだですが頑張ります。

 

0 コメント

2022年

5月

07日

乾漆のウサギ シリコンの雄型の制作

うさぎの乾漆制作
シリコンの雄型

雌型のシリコン型から雄型のシリコン型を作りました。

ここから石膏型を量産できます。

 

0 コメント

2022年

5月

03日

溜塗り布見せ菓子皿の修理完了

溜塗り布見せ菓子皿の修理が完了しました。

今回も修理過程を修理事例に載せたので、気になる方はぜひご覧ください。

 

菓子皿の詳しい修理過程は

こちら

 

0 コメント

2022年

4月

24日

乾漆のウサギ シリコン型取り

うさぎの乾漆製作
シリコンの型取り

うさぎの粘土型からシリコン型を取ります。

今回は硬化剤を混ぜて固めるシリコンを使ってみました。

 

うさぎのシリコン型
うさぎのシリコン型

今回のシリコンは思ったより使いやすく綺麗に型が取れました。

この後うさぎの身体はこのシリコンの雌型からシリコンの雄型を取るつもりです。

ただ型取りの為シリコンが足りなくなり、新たにネットで注文しようとしました。

しかし今は在庫がなく到着が遅れるそうです。

到着を待つ時間はもったいないので、今回は以前使ったコーキング剤でシリコン型を作ります。

 

0 コメント

2022年

4月

17日

乾漆のウサギ 粘土型

ウサギの乾漆製作
ウサギの粘土型

来年の干支の兎の置物を今回も乾漆で作ります。

まずは粘土で形を作りました。

今回もいくつかのパーツに分けて製作していきます。

 

0 コメント

2022年

4月

10日

使い終わった鳥の巣発見

鳥の巣
用を終えた鳥の巣

我が家の杏の木は花が散って、輪島では今桜が満開です。

暖かくなって我が家の背戸を見てみたら、小さな鳥の巣が落ちていました。

我が家の杏の木に知らぬ間に巣を作り、子育てしていたようです。

今年も来てくれると嬉しいのですが、どうでしょうか。

 

0 コメント

2022年

3月

27日

乾漆の虎

乾漆の虎
乾漆の虎

乾漆の虎が完成した写真をHPに載せていませんでした。

遅くなりまして申し訳ありません。

乾漆とは?のページに載せていますので興味がある方はぜひご覧ください。

 

乾漆の虎のページは

こちら

 

0 コメント

2022年

3月

07日

溜塗り布見せ菓子皿の修理 朱合漆の中塗り

菓子皿の漆器修理
菓子皿 内側の中塗り

菓子皿の内側の破損箇所に朱合漆を中塗りします。

これで下の朱漆が薄っすら透けて周りの色合いに近づきました。

最後に全体を水研ぎした後、もう一度朱合漆で上塗りすれば修理完了です。

 

0 コメント

2022年

2月

13日

溜塗り布見せ菓子皿の修理 朱の中塗り

菓子皿 漆器修理
菓子皿 内側の中塗り

菓子皿の内側の破損箇所に朱の漆を中塗りします。

この後さらに何度か朱合漆を塗り、周りの色合いに揃えていきます。

この調整はとても難しいです。

 

0 コメント

これより過去の記事は下にあるサイトマップからご覧下さい

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ