土蔵の牛梁

上がり框

前の記事と同じく我が家で使っている摺り漆の物を紹介します。ただし器ではなく我が家の一部です。

当工房は能登半島地震の際、上塗り、中塗り場として使っていた土蔵が全壊しました。その土蔵を撤去する時に、大工さんが「この※牛梁はとても良い欅だ。他の物に使える。」と保管してくれました。

そして住宅新築の際、玄関の上がり框と居間と応接兼事務室の境の板に摺り漆をして使っています。

摺り漆をした欅の木目がとても美しく、とても満足しています。

 

※建物の中間にある大きな梁

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ