鞘の修理 布着せ一回目

鞘 布着せ一回目
鞘 布着せ一回目

刻苧が乾き、鞘が接着されたら次の作業に移ります。

依頼者が希望されましたので、まず小柄(こづか)という小刀の入れる箇所を他の木材で埋めます。

木材を窪みに嵌る様に加工するのも大変です。

次に鯉口(鞘の口の部分)こじり(鞘の先端の部分)にのり漆で麻布を貼ります。

後でもう一度、布を鞘全体に貼るつもりですが、ここは特に補強しておきたいので布着せを行いました。


鞘の鯉口 布着せ
鞘の鯉口 布着せ

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ