竹籠に摺り漆をする

竹籠 摺り漆前
竹籠 摺り漆前

漆器の修理ではないのですが、摺り漆をして欲しいとの依頼がありました。

依頼品は竹ひごを編んだ竹籠です。

摺り漆とは器物に生漆を刷り込み艶を出す技法です。木製のものだけでなく今回の様に竹製の器物でも大丈夫です。

 

竹籠 摺り漆後
竹籠 摺り漆後

まず依頼品の汚れを取った後、生漆を刷り込みます。

この時に余分な生漆をウエスで拭き取ります。

編んだ竹の隙間に漆が溜まってしまうとそこに縮み(漆の表面だけ乾き内部が乾いていない状態)が起きたりして見栄えが悪くなる為です。

この依頼品の様に凹凸が多い器物は大変ですが、綺麗に拭き取ります。

竹籠に艶も出て綺麗に仕上がりとても良かったです。

摺り漆の依頼をお考えの方はお気軽にご連絡ください。

 

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ