お膳の修理

お膳 修理前
お膳 修理前

お膳の隅

お膳の隅 破損箇所
お膳の隅 破損箇所

お膳の修理です。

依頼品は隅などに深い亀裂が見られます。この様な亀裂は木地の接合部から起きています。

今回は新品と変わらない様に全体を塗り直します。

お膳の隅 刻苧付け
お膳の隅 刻苧付け

まずは破損箇所を小刀で彫ります。

そこへ刻苧を付け、傷を埋めると左の写真の様になります。

しかし今回は傷が深い為、刻苧を付ける前に接着剤に木粉を混ぜたもので亀裂を埋めました。

この時の写真も載せれば良かったのですが、撮り忘れました申し訳ございません。

お膳の隅 錆付け
お膳の隅 錆付け

刻苧が乾いたら砥石やサンドペーパーで磨きます。そして錆漆を付け凹凸を埋めます。

お膳の隅 地研ぎ
お膳の隅 地研ぎ

そして錆漆が乾いたら、全体を水研ぎします。

しかし錆漆を一回付けた段階ではまだ凹凸がまだ残っていました。

綺麗に凹凸が無くなるまで、錆付けと水研ぎを繰り返します。

お膳の隅 中塗り
お膳の隅 中塗り

錆漆を水研ぎした後、中塗りをします。

これは錆漆を中塗り漆で固める為に行います

お膳の隅 上塗り
お膳の隅 上塗り

中塗りが乾いたら水研ぎし、上塗りを行います。

上塗りを時間をかけゆっくりと乾かしたら修理完了です。

お膳の足の周り

お膳の足の周り 破損箇所
お膳の足の周り 破損箇所
お膳の足の周り 刻苧付け
お膳の足の周り 刻苧付け
お膳の足の周り 錆付け
お膳の足の周り 錆付け
お膳の足の周り 地研ぎ
お膳の足の周り 地研ぎ
お膳の足の周り 中塗り
お膳の足の周り 中塗り
お膳の足の周り 上塗り
お膳の足の周り 上塗り

今回の修理では、修理前と修理後の朱と黒の塗り分けるの場所が違います。

これは「輪島の塗り方でお任せします。」との事でしたのでこの様に仕上げました。

 

 

お膳 修理完了
お膳 修理完了

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ