仏具の修理

仏具 修理前
仏具 修理前

仏飯器台の修理

仏飯器台 修理前
仏飯器台 修理前

依頼された仏具全ての下地の状態があまり良くなく、多くの箇所が剥離していました。

まだ残っている下地も今後剥離が進んでいくので、蒔絵も付いていましたが下地を全て落とします。

 

仏飯器台 破損箇所
仏飯器台 破損箇所

左の写真で分かる様に仏飯器台の下の板がずれて接着されています。

下地を落とす時に下の板をも外します。

仏飯器台 下地を落とす
仏飯器台 下地を落とす

下地を全て落とし、下の板も外します。

下の板は外していた方が下地の仕事がやり易く、綺麗に仕上がるので中塗りを入れるまで接着しません。

仏飯器台 刻苧付け
仏飯器台 刻苧付け

木地に刻苧を付けます。

刻苧は木地の継ぎ目、深い傷がある箇所、木口の部分に付けます。

仏飯器台 錆付け
仏飯器台 錆付け

全体に錆漆を付けます。

下の板を外しているので、錆漆が付けの仕事がとてもやり易いです。

仏飯器台 中塗り
仏飯器台 中塗り

錆漆を地研ぎした後、中塗りを行いました。

この後、下の板を接着します。

仏飯器台 下の板を接着
仏飯器台 下の板を接着

仏飯器台の下の板を接着しました。

まず下の板を刻苧で接着します。

 

仏飯器台 接着箇所
仏飯器台 接着箇所

 

刻苧が乾いたら、写真の様に接着箇所に錆漆を付けます。

この後接着箇所に中塗りをもう一度入れると上塗りを行えます。

 

仏飯器台 修理完了
仏飯器台 修理完了

朱の漆で上塗りを行った後、蒔絵を付けて修理完了です。

りん台の修理

りん台 修理前
りん台 修理前
りん台 刻苧付け
りん台 刻苧付け
りん台 錆付け
りん台 錆付け
りん台 中塗り研ぎ
りん台 中塗り研ぎ
りん台 修理完了
りん台 修理完了

線香立て

線香立て 修理前
線香立て 修理前
線香立て 下地を落とす
線香立て 下地を落とす
線香立て 刻苧付け
線香立て 刻苧付け
線香立て 錆付け
線香立て 錆付け
線香立て 錆付け
線香立て 中塗り
線香立て 修理完了
線香立て 修理完了
仏具 修理完了
仏具 修理完了

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ