子箪笥の修理

子箪笥 修理前
子箪笥 修理前

子箪笥 破損箇所1

破損箇所1
破損箇所1

子箪笥の修理です。

依頼品には酷い亀裂が見られます。

左の写真は上面の板と側面の板を接着していた箇所です。それがほとんど取れかかっています。

下地の状態も悪いので残った下地も今後剥離していくと思います。

子箪笥 下地を落とす
子箪笥 下地を落とす

まずは下地を全て取り除き、木地を接着します。

そして引き出しの隅や、ひどく凹んだ箇所に刻苧漆を付けます。

破損箇所1 接着
破損箇所1 接着

破損箇所は接着剤に木粉を混ぜたもので接着しました。

破損箇所1 刻苧付け
破損箇所1 刻苧付け

外側全体に刻苧を付けます。

木地の細かい凹みも埋め、接着した箇所の補強にもなります。

破損箇所1 布着せ
破損箇所1 布着せ

布着せを行います。全体にのり漆で布を貼り、丈夫な漆器にする為です。

木地の接着箇所もこれで安心です。

破損箇所1 下地付け
破損箇所1 下地付け

全体に下地漆を付けます。

一面一面ヘラで下地漆を付けるのでとても時間がかかります。

破損箇所1 中塗り
破損箇所1 中塗り

下地付けの終わった子箪笥を地研ぎした後、中塗りを行います。

破損箇所1 上塗り
破損箇所1 上塗り

子箪笥を朱漆で上塗りします。

朱の色が綺麗に出ていると思います。

子箪笥 修理完了
子箪笥 修理完了

引き出しに蒔絵を付け、最後に取っ手を付け直すと子箪笥の修理は完了です。

蒔絵は以前のものとは違うもの付けてほしいとのご依頼でした。

今回は蒔絵師さんに上段から水仙、桜、梅の蒔絵を付けてもらいました。

ご依頼者も仕上がりに満足していただいた様子で、こちらもとても嬉しかったです。

破損箇所2

破損箇所2 修理前
破損箇所2 修理前
破損箇所2 接着
破損箇所2 接着
破損箇所2 刻苧付け
破損箇所2 刻苧付け
破損箇所2 布着せ
破損箇所2 布着せ
破損箇所2 下地付け
破損箇所2 下地付け
破損箇所2 中塗り
破損箇所2 中塗り
破損箇所2 上塗り
破損箇所2 上塗り

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ