水指の修理

水指 修理前
水指 修理前

水指の内側の修理

水指の内側 修理前
水指の内側 修理前

 

茶道で使う水指の修理になります。

内側の表面は全体的に細かい傷があり、大きく塗面が剥離している所もあります。

 

水指の内側 小刀で傷を彫る
水指の内側 小刀で傷を彫る


表面が剥離している箇所は剥がせられるだけ小刀で剥がします。

剥がした箇所は紙ヤスリで磨きます。

水指の内側 刻苧
水指の内側 刻苧


紙ヤスリで磨いた後、刻苧を付けます。

水指の内側 錆漆
水指の内側 錆漆


刻苧が乾いたらまた紙ヤスリで磨きます。

そして錆漆を付け下地は修了です。

写真は錆漆が乾いた後、内側全体を水研ぎしたものです。

水指の内側 上塗り
水指の内側 上塗り


錆漆を水研ぎした後、中塗りを入れます。

そして上塗りを入れれば、水指の内側の修理完了です。

水指の外側の修理

水指の外側 破損箇所
水指の外側 破損箇所

 

ゴツゴツとした表面は刻苧でわざと荒い表面を作り、上塗りをして仕上げています。

水指の外側には大きな亀裂が入っているので、まず刻苧で埋めます。

その後全体を塗り直して修理は完了です。

水指の外側 小刀で傷を掘る
水指の外側 小刀で傷を掘る


破損箇所を刻苧で埋める前に、小刀で周りを彫ります。

傷の中まで刻苧を入れなければ、また同じ様な傷が出てしまう恐れがある為です。

水指の外側 刻苧
水指の外側 刻苧


傷を刻苧で埋める。

この時、傷の奥まできっちり刻苧を入れます。


水指の外側 上塗り
水指の外側 上塗り


外側は溜塗り仕上げでした。

その為まず刻苧を付けた箇所に朱漆を塗り、朱合漆を上塗りして修理完了です。

ちなみにこの水指は表面がゴツゴツしている風合いでしたので、錆漆で表面を綺麗にせず刻苧を付けた後すぐに中塗り、上塗りを行いました。

水指 修理完了
水指 修理完了

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ