盃台の修理

盃台 修理前
盃台 修理前
盃台 破損状況
盃台 破損状況

依頼品の破損状況です。

側面の板は取れ、補強の為に貼られていた布も剥離しています。

盃台 下地を落とす
盃台 下地を落とす

まず盃台の足をはずし、剥離した下地を全て落とします。

そして側面の板を接着します。

足は中塗りをしてから接着した方が、仕事がやり易く綺麗に仕上げられます。

盃台 刻苧付け
盃台 刻苧付け

接着箇所や木地の凹凸が酷い面に刻苧を付けていきます。

盃台 布着せ
盃台 布着せ

盃台に布をのり漆で貼りました。

丈夫な塗り物を作る為のとても重要な工程です。

盃台 下地付け
盃台 下地付け

布着せの次は下地を付けていきます。

下地付けは全体に二回ほど行います。

盃台 中塗り
盃台 中塗り

盃台の下地を水研ぎした後、中塗りを行いました。

 

盃台 足を接着
盃台 足を接着

いよいよ盃台の足を接着します。

溝を彫り、刻苧漆で接着します。

盃台 足の補強
盃台 足の補強

足を接着する為の溝は木地の問題であまり深くできません。その為刻苧漆で接着しただけでは足の強度が不安でした。

そこで補強の為の棒を成形し下地を付けてから、刻苧漆で接着します。

これで足の強度は問題ないでしょう。

補強の為の棒
補強の為の棒

足接着の補強に使った材です。

断面は直角三角形をしているので、足の隅に接着できます。

これに下地を付けた後、接着しました。

盃台 中塗り二回目
盃台 中塗り二回目

足を接着した後、もう一度中塗りを行いました。

 足の接着箇所などを中塗り漆で固めなければ、上塗りが綺麗に仕上がりません。

中塗りを研げばいよいよ上塗りです。

盃台 修理完了
盃台 修理完了

中塗り研ぎの後、上塗りをおこないました。

上塗りが乾いたら、蒔絵師さんに紋を付けてもらい修理完了です。

修理前は中鏡にも紋が付いていましたが、側面だけに付けて欲しいとのご注文でした。

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ