茶櫃の修理

茶櫃 修理前
茶櫃 修理前
茶櫃 破損箇所
茶櫃 破損箇所

茶櫃の修理です。

表面には色ムラがあり、蓋の一部に下地が剥離して箇所もあります。

下地は薄く今後まだ剥離していくと思われるので、蓋の外側は全て下地を落とします。

ただ内側の下地は外側よりしっかりしていました。

その為内側は深く凹んだ傷を部分的に埋めて塗り直していきます。

茶櫃 下地を落とす
茶櫃 下地を落とす

蓋の下地をサンドペーパーで落としました。

写真の親の下地は落としていませんが、この後蓋と同じく外側の下地を落としました。

茶櫃 刻苧付け
茶櫃 刻苧付け

茶櫃に刻苧付けをする。

蓋の外側は全体に刻苧を付けました。

そして親の外側に深い傷があったので部分的に刻苧で傷を埋めました。

この後部分的に付けた刻苧が乾いたら、親の方も全体に刻苧を付けました。

茶櫃 下地付け
茶櫃 下地付け

茶櫃に地の粉を入れた下地漆を付けました。

輪島塗の下地が丈夫なのは地の粉のおかげでもあります。

茶櫃 地研ぎ
茶櫃 地研ぎ

下地付けが終わった茶櫃は錆漆を付けた後、地研ぎを行います。

これで表面は綺麗に整いました。

茶櫃 中塗り
茶櫃 中塗り

茶櫃に中塗りを行う。

完成までもう少し。

茶櫃 朱漆の中塗り
茶櫃 朱漆の中塗り

茶櫃を朱漆で中塗りします。

これはこれで綺麗ですね。

ただ溜塗に仕上げるので、このあと朱合漆を上塗りします。

茶櫃 修理完了
茶櫃 修理完了

 朱漆を水研ぎした後、上から朱合漆を上塗りしました。

下に塗った朱色が透けて綺麗な溜塗りの茶櫃に仕上がりました。

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ