銚子の修理

今回の銚子の傷は、内側の木地の継ぎ目からお酒が染み込みできたものです。そのため外側だけでなく、内側も修理します。

ちなみに銚子を使用した後、長く酒を入れたままにして置くと今回の様な傷が出てくることがあります。銚子は使い終わったらすぐに洗い、自然乾燥した方が良いです。

 銚子内側(注ぎ口付近)の修理

銚子内側 水研ぎ後
水研ぎ後

 

まず銚子内側を水研ぎします。

横にある一筋の線が木地の継ぎ目です。一見お酒が漏れている所は見えませんが、確実に漏れている箇所はあるので修理を行います。

銚子内側 錆漆
錆漆

 

木地の継ぎ目と少し周りより低くなっていた注ぎ口周辺に錆漆を付けます。

銚子の内側なのでとても仕事が難しいです。

銚子内側 中塗り
中塗り

 

錆漆を研ぎ、中塗りを入れます。

銚子内側 上塗り
上塗り 内側の修理完了

 

中塗りを研ぎ、内側全体を上塗りします。

今後外側に同じ様な傷が付くことはないでしょう。

銚子外側の修理

銚子 修理前
銚子 修理前
銚子 傷を彫る
傷を彫る

 

今回の傷は木地からのものなので、まず傷を小刀で彫ります。この工程を省くとまた同じ様な傷が出てくる可能性があるので、省くことのできない大事な工程です。

銚子 刻苧
刻苧

 

彫った箇所に刻苧を埋めます。

銚子 刻苧
刻苧 全体写真
銚子 錆漆
錆漆

 

刻苧が乾いたら錆漆を付けます。この時、銚子全体も研いでおきます。

銚子 中塗り
中塗り

 

錆漆が乾いた後、水研ぎして中塗りします。

ちなみ中塗りをせずに上塗りをすると錆漆が上塗りの漆を吸い取り、修理箇所がはっきり分かります。

銚子 上塗り
上塗り

 

中塗りを研いだ後、上塗りをします。傷は全く見えません。

銚子 蒔絵
蒔絵 修理完了

 

上塗りが乾くと当工房での仕事は終わりです。

この後、蒔絵師さんに以前と同じ蒔絵を付けてもらい、修理完了です。

漆器修理のことなら

前田漆器工房

〒928-0077

石川県輪島市鳳至町上町72

 

  TEL: 0768-22-0083

     (9:00~17:00)

  FAX: 0768-22-5405

     (24時間OK)

web担当者

前田最嗣(アツシ)
前田最嗣(アツシ)

普段は主に下地の仕事をしている四代目です。

輪島塗だけでなく他の産地の漆器も修理できます。

漆器修理の流れを知りたい方はこちらへ